読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

threenine39diary

I will to have My Wonderful Life!

シャネルの名言や生き方に感銘を受けた、男に生まれたかった女が、【シャネルといる生活】を通して、品格のある強い女になっていく39さんのブログです。たぶん。

015 イヤホンガイド感謝祭

歌舞伎 演劇 美しいお顔の方の話
ただの日常といえばそれまでです。
◎今日は抽選で当たった、株式会社イヤホンガイド40周年感謝祭に行ってきました。

◎東銀座駅地下二階の歌舞伎座直結のところに、木挽町広場という歌舞伎関係のお店が広がっているところがあるんですが(お弁当とかも売っています)、そこにツリーがありました。
f:id:threenine39:20151205211732j:image
てっぺんの星が鳳凰です。
f:id:threenine39:20151205211737j:image

歌舞伎座のマークですね。
f:id:threenine39:20151205211937j:image
鳳凰丸という紋です。

ツリーの飾りも和風でかわいかったです。
和洋折衷ということか…。
皆様も東銀座に行かれた際は是非見てみてください。

◎イベントは、なんとお弁当、夜の部の観劇券、イヤホンガイド、お土産までついて15000円!!!格安ですよ!
一等席だと18000円しますからね!
お弁当も1000円はしますから!
イヤホンガイドは普通に借りたら700円ですからね!
f:id:threenine39:20151205212047j:image
嬉しかったです。

◎イベントは、立食パーティーのような雰囲気で軽食が用意してありました。
アットホームな会でほっこり。
こんなことならタリーズ東銀座店(東銀座駅にあるコーヒーショップ)で慌ててサンドイッチ食べるんじゃなかったーと寝坊したわたしは激しく後悔しました。

◎みんなお兄様お姉様で、わたしのような人間は1人かな〜という感じでした。
あとはお母様と一緒に来ている若い世代。
がんばろう20代。

立食式ですが、壁沿いに席が少しありました。
ざっと200人くらい。関係者もいたと思うのでわたしのような抽選で来た人は、150人とか180人とかなのかな?という印象でした。

待ち時間はディズニーのBGMでした。良いですよね、ディズニー。

◎株式会社イヤホンガイド先代社長の「ウソがない仕事」というお話があり、とても感動しました。
役者も会社も観劇客も嬉しい仕事、良いですよね。WINWINな関係大好きです。
だから愛されるイヤホンガイドが生まれたんでしょうね。
イヤホンガイドが生まれたとき、先代社長はお金の工面にとても困っていたそうで…。
そこで諦めないでくれてよかったーー!という気持ちでいっぱいです。
他にも株式会社松竹の社長や芝居小屋の親父こと日本芸術振興会理事長が色々なお話をしてくださいました。
知らない話を一流の方々から聞ける貴重な機会でした。

◎イヤホンガイドの解説員総勢39名いらっしゃって、欠席の方もいましたが、いつも声を聞いている憧れの知識人たちが目の前に並んでてわたし興奮しました。
皆様お上品な方々で、眩しかったです。

◎そして歌舞伎役者市川右近様登場で、みんなカメラ携帯のシャッター嵐。
わたしは全然撮らなかったのでここに写真載せられませんが、誰かがFacebookにでもあげていることでしょう。

◎あと、イヤホンガイド利用者代表のミヤリ様(?)お名前が聞き取れず…。
高校の先生をされているとのことで、今の高校生が「忠臣蔵」ときいてわかるのは、ひとクラス0〜5人という衝撃の事実をお話いただきました。
忠臣蔵知らないってすごいもったいない!とか思いましたが、まぁ、私たちの知らないこと良く知ってる世代なので、お互い様かなぁとかも思ったり。
わたしEXILEとかヒロさんしかわからないですからね。
あとメンディーか。

若い世代に伝えるのは、我々大人の役目ですよね。
スピーチ感動致しました。
なにかしらわたしもこそこそ頑張りたいと思いました。

◎とても素敵な機会を得られて楽しかったです。
ありがとうございました。

◎イベントで幕内のお弁当ついてるの忘れてお弁当買いました。アホー。でも全部幕内に食べました。太るー。

◎観劇の席は、会社が割り当ててくれた一等席でしたが、くじ運ない結構後ろの席。
でもいつも取れる席より前の方でとてもよかったです。
f:id:threenine39:20151205212519j:image
わたしの前の席にたくさんイベント参加の方がいて羨ましい気持ちは拭えませんが…。
でも15000円で市川右近様間近で見れてなかなか会えない皆様のお話もきけて、お弁当もイヤホンガイドも借りれたのだから、文句は言えないですよね。
しかも間近に解説員の方々もいてなんかドキドキしました。
ありがたいことです。

◎さて、夜の部、とても良かったです。
妹背山婦女庭訓は、実に54年ぶり(だったかな?)の再演とのことで、なかなか見れない演目だったのでワクワクしました。
役者もみんな凄い人揃い。
(いや、歌舞伎は大体そうですけど、とくに今回は見応えあるメンツでした。)

中村七之助様色っぽいですね〜!
玉様(坂東玉三郎様、女形、人間国宝)が、お父様の18代目中村勘三郎様亡き後、指導されてるということで、更にとても素晴らしい女形になっていますよね。
今後の歌舞伎界がさらに楽しみになりました。

◎今日のイベントでも大先輩方がおっしゃってましたが、役者は今より昔の方がずっといいとか…。
やっぱり江戸時代に近い方が良いんですかね。
今の皆様もとても素晴らしいのに、もっと良いんですか、どういうことですか?

でも今は今で技術の進歩や、新しい試みなどもあって、楽しみ方倍増ですからね。
どっちがいいとは言い切れないところですよね。

◎まぁでも、あぁーー今80代くらいの皆様で歌舞伎歴50余年という方々が羨ましい限りです。
でもでもでも戦中大変だったろうしなぁとか思うと、なんとも言えない気持ちになります。

◎なんか今日の記事は説明不足ですが、興奮しっぱなしで疲れてしまったので、この辺でお暇します。

おやすみなさいませ。