読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

threenine39diary

I will to have My Wonderful Life!

シャネルの名言や生き方に感銘を受けた、男に生まれたかった女が、【シャネルといる生活】を通して、品格のある強い女になっていく39さんのブログです。たぶん。

053 うれしいお知らせ!

ただの日常といえばそれまでです。
今日は、明日の歌舞伎の前に着物を整頓しました。
母の着物、わたしの初めて買った自分の帯です。楽しみ〜。帯締め帯揚げはこの写真じゃなく、変更する予定。
f:id:threenine39:20160115200159j:image

◎あと、今日帰りにTSUTAYA(ビデオレンタルショップ)にいって、アメリカのイケメンが「日本が舞台の面白い映画だから見てみて!」とおすすめしてくれた、ロスト・イン・トランスレーションを借りてきました。
久々のTSUTAYAのセルフレジ?に驚きました。まじフューチャー…。
最近huluでしか映画みていなかった。
f:id:threenine39:20160115201452j:image
大滝詠一様(2013年没)の曲使われてましたね。というかはっぴいえんどの曲か。
わたし、大好きなのですね。
はっぴいえんど(大滝詠一様のいたグループ)の松本隆様も好きですね。
はっぴいえんどのメンバーも曲も全部が好きですね。
フォークとはまた違う天才たちの集まりですよね。
皆様もCMなどで有名な曲知ってるのではないですかね?
君は天然色とか、風をあつめて、有名ですよね!

◎そしてわたし、この映画監督、ソフィア・コッポラ様のマリーアントワネットという映画大好きだったんです。
マリー・アントワネットは、言わずとしれたフランス王妃ですね。
その彼女を、歴史上の人物として描かず、1人の少女の青春として描いた映画でした。
素晴らしい観点の映画です。
単純に美しいです。

そして、感想を彼にメールしようと書いた文章の一部がこちら。
内容についてはつっこまないでくださいね!!!!
一個人が一個人へ送るために書いただけで、深い意味はありませんから。そして英語もめちゃめちゃで、本当に言いたいことをうまく書けてないですからね!!!
批判しないでくださいね、お願いですから…。お願いいたします。
f:id:threenine39:20160115202544p:image
f:id:threenine39:20160115202548p:image

ちょっとは上達したか?
翻訳機能は使わず、できるだけ頭の中で作った文章で書きました…。辞書は見ました。
それにしても文章長すぎるな。
イケメンぐったりさせちゃいそうですが、送ります。

◎そしてのバスの中で、今説明途中のアーティストの王子からメールが届きました!!
向こうは深夜のはずの時間帯ですが、おそらく仕事の間のメールか。

「今、君を訪ねて、日本にいく計画をたててるよ。また連絡するね」







普通にバスの中で、えっ!って大きめの声で言いましたよね。恥ずかしかった。

◎詳細不明ですが、王子に日本でまた会えるのか!?めっちゃうれしい!
でも思えば、彼のボス、ジミーさん(日本酒好きで、"ジミーさん"と呼べと言ってくる)と、
日本の酒造にくるのかな?
それすごいありそう。
ジミーさんは何度も日本きてるっていってたし。ジミーさんはそのうち記事に書きます。かなり良い人。

◎ちなみに、わたしの英語力まじ低いんで、それを証明するメールを晒そうと思います。

いかにボディランゲージと高校までの英語でコミュニケーションをとったか。
わたしは日本人同士でも、かなりのコミュニケーション能力所持者だと自負してましたが、今回国境関係ないんだなと自信がでました。
まぁ、適応能力もある方なので、英語ホテルで毎晩勉強してましたが、まぁ以下のレベル。
f:id:threenine39:20160115200112j:image

f:id:threenine39:20160115200119p:image

お分かりになりますか…。

いかに周りにいたイケメンや美女たちがわたしの英語を大きな包容力で包んでくれたか…。
つか、メールのが誤魔化せないから難しい…かも?
でも発音が伝わらないから書く方が、まぁ相手は受け取りやすいのか…?
わたしは、英語を聞けるので、相手の話はわかるんですが、発信できないんですよね〜。
圧倒的に足りないのは単語力だな!!!

今はもう少し成長したんじゃないかな…。

第二言語ってかなりハードです…。
というわけで、本買ってきました。
ほとんど古本屋で一冊200円くらいのを…。
f:id:threenine39:20160115201147j:image
もしわかりやすいのがあったらこのブログで紹介していきます!

王子の記事続きは次回書きます!!

それではごきげんよう!